2008年09月25日

「宝物」

私とバイクわーい(嬉しい顔)

私をご存知の方は、性格と背格好からして
私がバイクに乗ってるのは「想像できない」とおっしゃいますあせあせ(飛び散る汗)

ずんぐりむっくりの短足ちゃんだからバッド(下向き矢印)

自分でも、似合わないなぁと思いますたらーっ(汗)

でも、今ではすっかり趣味になってます揺れるハート楽しいんですexclamation×2

私の場合、
ツーリングであちこち行ったり、気の置けない友達と一緒に走るのが
楽しいので、
サーキットで技術を競うとかタイムを競うといった楽しみ方ではありあません。
なので、8年間、こんな私でも事故はしていません手(チョキ)


バイクに乗るきっかけは色々ありました。


自分の時間を持て余してた頃、周りの女の子たちもバイクの免許を持ってる子が多くて。
彼女たちは結婚して、出産して、忙しくてバイクを手放していました。
バイクには結構維持費が必要なのもあって、家庭の主婦が子育てしながら楽しむという訳にはなかなかいきません。

その点、暇だった私は有り余るエネルギーを…顔(笑)
友達が自分はすでに免許を持ってるのに、自動車学校に付き合ってくれて。おっかなびっくりで腰が引けつつ教習を受ける私を子供と一緒に見守ってくれてました。
怖くて泣きそうでも、結局は楽しくて続きましたグッド(上向き矢印)


1台目は「カワサキ バリオスU 250cc」でした。
とても大切に乗りました。


そして、今のバイクは「カワサキ ZZR 1400cc」です。
めちゃ気に入ってまするんるん カッコ良いです黒ハート


これに乗り換えようと思ってから、大型二輪の免許を取りました。
この時も友達が付き合ってくれてぴかぴか(新しい)


カワサキの従業員さんに、
「あなたはこのバイクは止めておいた方がよいですよ顔(汗)
と念を押されたりして。
技術とバイクが合ってないとケガや事故をする元だから。って。
売りたい方の人に考え直すように言われる私って…><
試乗会でも人前でも泣けてきました。

なんでこんな無謀な事をするのか??
みんな不思議だったと思います。
でも、
一般的な女性がしている結婚や出産といった事を経験できなかった私が、
今の自分にしか出来ないことをやりたい!!と思って。

お世話になっているバイク屋さんの店長さんと友達、この二人だけはずっと応援してくれてましたかわいい


「とにかく、免許だけ取ってきんさい。
 バイクは、乗れる形にしてあげるけん!」って。


私の思いを受け止めてくれてて。


エンジンをかけていない車体は250kgあって、車庫入れするのは相当大変です。
店長さんは練習用のバイクを作ってくれて、お店の駐車場で車庫入れ(取り回し)の練習をさせてくださいました。
納車になってからも、自信がつくまでは練習に付き合ってくださって。
初夏の日差しの中、開店前から駐車場に入れてくださり、汗だくで練習exclamation×2これも楽しかったですわーい(嬉しい顔)

足が届かないので車高を下げ、私がまたがれるように何度も調節してくださいました。
初めてエンジンをかけた日も、お店が終わってから練習走行に連れて走ってくださいました。

そして、このバイクに乗り換えたから
KKAZUと再会することができました。


そろそろ、引越しです。
新居は坂道が多い所です。狭かったり、交通量が多かったり。
私の技術では太刀打ちできない環境です。

私のバイク人生は、新しい生活が始まるのと共に静かに終えていくべきなのかな。と感じています。

自分にしか出来ないこと。
今は、新しい家族に心配をかけないということなのかな?と思います。

自分の心意気次第で何とかなる!!と教えてくれたバイク。
たくさんの思い出を作ってくれた可愛い愛車とのお別れ。
寂しいですが、また新しい自分に会えるように応援してね。


ニックネーム ゆたか(*´∀`) at 00:53| Comment(11) | TrackBack(0) | バイク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする